about

<里山文庫 Satoyama Library について>

里山文庫は、効率化の中で失われつつある昔ながらの伝統農法、食品の製造方法、販路にのらない自家用に作り続けられているもの、今に生きる在来作物の味わいや、手仕事の温かさ、守り続けて来た人々の思いを書きとめ、次世代に受け継ぎつつ、古くて新しい生き方を目指すメディアです。

ウェブサイト
http://agro-ecology.blogspot.jp/

<おすそわけ商店について>

おすそわけ商店では、里山文庫が取材させてもらったふだん流通にのらない物語の品を生産者から直接購入させていただき、おすそわけしています。
取り扱う商品は、流通にのらない家庭消費の農産物、加工品を中心に、少量のみ現物限りで販売します。効率化の中で忘れられた味わいを楽しんでいただければと思います。

<取り組み内容>
1. 体験する - 味わう、聞き書きする
2. 受け継ぐ - 習得する
3. 広める - 販売する

農山村での聞き書きや習い事の旅を企画しています。発酵食ラボ、自家用山茶の茶会など、受け継がれて来た知恵を暮らしの中に取り入れ、みんなで実践していく会を開催しています。

<聞き書きとは>

いわゆる”偉い人”ではなく、普通に生きた人たちが何を食べ、何を考えてどう暮らしていたか、人生で何を大事にしていたのか。つないでいくと、より確かな歴史ができていく。後世への贈り物が聞き書きによる歴史です。 (井上ひさし)

<店長自己紹介>

オランダの農業大学院とインドの研究所で有機農業を学び、ブータン政府GNH委員会で半年間インターン。約30の村でホームステイしつつ農的暮らしを営む。
帰国後、農と食の民俗文化を訪ねて全国の山村集落を歩く。大和高原で在来種の保存や旅づくりに取組中。

twitter @agro_ecology

たねだね在来種研究所 
Tanedane Heritage Seeds Laboratory
https://www.facebook.com/tanedanelabo

<ワークショップ例>
・ 発酵食、保存食作り — 麹、甘酒、味噌、芋麹、梅干し、漬け物、ゆべし
・ 山茶の飲み比べ — 発酵番茶、寒茶、釜炒り茶など流通にのらない民俗の山茶の紹介
・ 民族植物学 – 薬となる植物や繊維植物など人と植物とのかかわりのフィールドワーク

<これまでのならいごとの旅>
★お茶
台湾の茶農家、阿波番茶、足助寒茶、熊野釜炒り茶、甲賀の発酵茶、和束煎茶、宇治碾茶の生産者などをたずねる。
★藁しごと
伊根の農の匠、椋川のおばあちゃんたちから手ほどきを受ける
★紙すき
拝宮和紙の郷で学ぶ
★伝統農法と在来種
採種農家をはじめ、多数の全国の農家さんを訪ね歩きました
★食品加工
大分の農家さんで1週間弟子入り修業、十津川村、丹後、伊根のおばあちゃんに保存食の知恵を学ぶ
★発酵食
ネパール、ブータンの農村で食文化を訪ね歩き、京都しょうゆ部のみなさん、麹は元寺田本家のなかじさんの合宿に参加。
★民俗植物
丹後のおばあちゃん、ブータンのローカルヒーラー、薬草寺の尼さん、田舎のおじちゃんたちから植物と人とのかかわりを学ぶ
★伝統建築
綾部の伝統建築の大工さん、古材文化の会KOMOの先生方より古民家建築を学ぶ
★炭焼き
丹後のおじいちゃん、徳島のおじいちゃん、東近江のおじいちゃん
★繊維
丹後藤布、太布織り、苧麻で糸をつくる体験